国土防災技術北海道株式会社
 HOME技術情報 > シミュレーションお問い合わせサイトマップ
会社案内業務案内技術情報リンク

地すべりシミュレーション

 地すべりが発生した場合、流動化した土砂が斜面下方に位置する渓流に堆積し谷がせき止められます。ダムアップ後、豪雨時に、堆積土砂が土石流化し、当該渓流およびその下流側の本川を巻き込み、河川氾濫となって、沿川の住民や住宅等に多大な被害を及ぼすおそれがあります。地すべり動態シミュレーションとダムアップ後の氾濫シミュレーションを実施し、沿川の被害想定区域図を作成することにより、事前に土砂災害の程度を予測することが可能です。

土石流シミュレーション

 土石流シミュレーションにより、氾濫区域図、土砂堆積範囲図、土石流の到達時間分布図等を作成することができ、土石流の防止計画の策定に役立てることができます。従来、土石流の調査では現地調査で判明した土砂規模を元に、地形図の等高線などにより地図上で氾濫範囲を決めていました。土石流シミュレーション は、この作業をより客観的・定量的に評価可能であり、結果の信頼性を高めることができます。

落石・岩盤崩落シミュレーション

 実務における岩盤崩落や落石シミュレーションの多くは2次元断面で実施されています。しかし、自然斜面の横断形状は平衡斜面のみならず、集水斜面や散水斜面など横断方向に尾根型や谷型の勾配を有する斜面が多くあります。そのため 横断面が勾配を有する一般の自然斜面を対象とした岩塊の崩落挙動を精度よく予測してこれを防護工設計へ適用できる数値解析手法の確立が望まれます。本シミュレーションは、斜面や崩落岩塊の形状・規模を忠実にモデル化できる3次元個別要素法解析を実際現場へ適用することができます。

地下水シミュレーション

 地すべり地や山地斜面の地盤内の水移動を物理則に従って計算し、みえない地下水の挙動を予測するのが地下水シミュレーションです。対象地で観測された地下水位と周辺からの地下水涵養や末端の排水条件、これらを所要の精度で再現できるモデルにより、将来予定されている地下水排除工やダム湛水の影響などを評価することが可能となります。

波浪シミュレーション

 当社では、第?V世代波浪計算(Wave Watch ?V/SWAN Cycle ?V)モデルを用い、港湾・漁港及び海岸等施設の計画波浪検討、耐破設計、港内静穏度検討、被災時異常波浪再現等を行っています。

津波シミュレーション

 近年、太平洋において大規模な海溝型地震が発生するとともに、沿岸地域を中心に津波による甚大な被害が生じると予測されていますので、津波被害の軽減・防止のために各沿岸地域における津波の最高水位、浸水量、浸水域、到達時間などを把握することが非常に重要となります。津波数値シミュレーションを行い、算出される予測値を利用してハザードマップの作成や津波に対する海岸構造物の設計などを行うことで津波に対するリスクマネージメントを実施することが可能になります。

地震応答シミュレーション

 近年、 FEM(有限要素法)を用いた地盤の地震応答解析事例も増えてきました。地震応答解析には周波数領域の解析と時刻歴解析の2種類があります。このうち、時刻歴解析は地震波を実際に与えて解析領域の揺れ方を計算する方法で、通常の現象をそのままパソコンの中に再現するのに近いイメージの解析手法です。

Sponsored Content